パンク虚無僧修行道(改)

アクセスカウンタ

zoom RSS 若き数学者のアメリカ

<<   作成日時 : 2006/11/15 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

祖国とは国語」で感銘を受けたので、藤原正彦氏の処女作を読んだ。

昭和52年刊行ということで、まだワタクシが洟垂れ小僧(4歳)の頃の作品である。アメリカはまだベトナム戦争の陰が色濃く落ちている頃。

帰る場所があるのはシアワセだ。

読んでいたら無性に帰省したくなった。

もうしばらく藤原正彦探求の旅が続きそうだ・・・

とかナントカ言いつつ、その直後

デトロイト・メタル・シティ」という漫画を読んだ。

・・・これまたツボにハマった。がんばれ、クラウザーU世さん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
若き数学者のアメリカ パンク虚無僧修行道(改)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる