パンク虚無僧修行道(改)

アクセスカウンタ

zoom RSS 老人と宇宙(そら)/豹頭王の苦悩

<<   作成日時 : 2008/08/24 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前者は21世紀版『宇宙の戦士』(いわずもがな、R.A.ハインラインの名作ですね)と称されるSF小説。

後者はグイン・サーガ第122巻。

まず前者。

久しぶりに表紙買いした。題名が老人(原題はOld man's war)のワリに、イラストは頑健そうな若者でかつ、肌が緑色なんですけど・・・というのが手に取った理由。早川書房の文庫本は、裏表紙にキャッチコピーが掲載されているのだが、そこに先述の『宇宙の戦士』の21世紀版登場!という文句が踊っていたのが、そのまま売り場に持っていった動機。

果たして、一気に読んでしまった。

実家に持って行ってしまって手元には無いのだが、久しぶりに『宇宙の戦士』自体も読みたくなった。続編も訳書が刊行されているようなので、今度見つけたら購入しようと思う。

後者はあ〜も〜ドロドロ。作者がいったん暗黒面に入るとコレまでの傾向からすると平気で10巻くらいはそーゆーのが続くからな・・・でも、グインが自分の中で折り合いをつけたようなので、次巻以降明るい兆しだ出てくる・・・と信じたい。しかし2009年春にテレビアニメ化ですか、グイン・サーガ。どんなんになるのだろうか?興味津々だが、怖さもアル。そしてどこまでやるのか?っつーかどこの辺りをアニメ化するのか?コレだけの長編になると最初から作り始めたらえらいことになる。文庫本1巻消化するのに大体4〜5話ほどかかると踏んでも今の時点でも500話以上、つまり40クールは必要だ(笑)今の世の中そんな長編アニメを作るだけの気概のある人、あるスタジオ、ある製作陣がいるのかな?

それにしても一日で小説を2冊読んだのは一体、いつ振りだ?(「ハリーポッターと死の秘宝」は上下で一冊としてカウント)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
老人と宇宙(そら)/豹頭王の苦悩 パンク虚無僧修行道(改)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる