パンク虚無僧修行道(改)

アクセスカウンタ

zoom RSS 構造改革

<<   作成日時 : 2009/08/29 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日読み進めた「ローマ人の物語」は、タイミングを合わせたかのように今回の衆議院議員選挙に符合するようなテーマ。

皇帝の代替わりが政権交代ならば、紀元三世紀〜四世紀は頻繁に起こっていたわけだが、それまでかろうじて保たれていた「ローマらしさ」を徹底的に破壊したのがコンタンティヌス。果たして今回の日本の選挙では?

さて、自民・民主双方のネガティヴキャンペーン(日教組が云々とか、予算を組んだ回数が云々とか)は目を覆うばかりだが、本日をもって選挙活動はオシマイ。頼まれて貼っていた民主党代表のポスターも早々に外すことにした。午前中は結構、「最後のお願いに参りました〜」な街宣車が敦賀市内を走っていた。夕方も。福井3区では現職の衆議院議員はまさに敦賀出身者なわけで、明日の投票結果が実に楽しみだ。野次馬的な意味で。なにせ、市長も自ら自民党候補の応援にまわっていたし。これで自民党が惨敗(民主党圧勝、ではない)、ついでに候補が落選したらどーすんだべ。オレだったら恥ずかしくて陳情なんかにゃいけないぞ。自らの不見識を恥じて辞任しますって。自治体の首長は、こーゆーとき中立を保つのが賢明なんではなかろうか?

今年度から組合の分会委員なんかやっているものだから、選挙にあわせて政治活動もちょころびっとやってきた。来年は参議院選挙があるから、これからも関わる場面がいやおうなしに出てくるだろう。特に、電○総連としては、組織内議員を抱えていることだし。しかし、すればするほど胡散臭い。組織型の選挙は本当に、真の意味で民意が反映されるものなのか?!日本の未来ってやつを考えるいいきっかけにはなったけれども。考えるようになったのは、家庭を持った影響も多分にあるだろう。それでも積極的に政治活動をする気にはどうしてもなれない。理屈は分かるが本能的に嫌。

強制するのも、強制されるものやなんだよな。

なお、まだ体調は悪化していません(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
構造改革 パンク虚無僧修行道(改)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる