パンク虚無僧修行道(改)

アクセスカウンタ

zoom RSS 最終

<<   作成日時 : 2009/12/10 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

何か惹かれるものを感じて、帰宅途中に本屋へ寄った。

そこにあったのはグイン・サーガの最終巻「見知らぬ明日」

遂にこの日が来た。

遺稿の尽きるとき・・・

果たして「豹頭王の花嫁」とはどんな話だったのか?

希代のストーリーテラー栗本薫氏の早すぎる死を今はただ悼むだけ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 そうなのよね、おいらも先日130巻を読みました。まぁ道半ばでの遺作とは聞いてましたが、実に中途で切れてしまい残念でなりません。それにしても120巻を超えて、ようやく外伝1作目「7人の魔導師」に辿り着くのだから、なんとも化け物じみたストーリーだったなと感心ばかりしています。まぁ、いろいろと綻びもありましたがご愛嬌という事で(笑)。
 それにしても、この作品を引き継ぐ作者はいるんだろうか?BSでアニメ化もしてるし(見てないけど)、他国に翻訳もされてるし、ギネスにも認定された長編だし・・・相当な覚悟が必要だよねぇ。
タッチー
2009/12/17 21:33
どもども。今をさかのぼること20年以上前。貴殿に薦められて読み始め、以来ず〜っとお付き合いしてきたこのシリーズ。正にサーガでございましたな。
引き継ぐ器量のある作家が出てきてくれるといいなぁ・・・と思っています。
虚無僧
2009/12/17 22:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
最終 パンク虚無僧修行道(改)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる