パンク虚無僧修行道(改)

アクセスカウンタ

zoom RSS 天皇陛下は究極の「ゲートキーパー」である

<<   作成日時 : 2012/03/10 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夕刻の備忘録さんのところから完全転記。

家族に不信を抱き
友人に裏切られ
会社で疎まれ
学校で蔑まれ
誰一人として信用出来ず
誰一人として頼れない。

生きるのが辛くなり
明日が恐くなり
今日に精一杯で
昨日のことなど忘れたい。

そんな人に読んで欲しくて、この一文を書いた。
役人特有の「何とか強化月間」に便乗してのことである。
諭す徳も無ければ、止める知性も無い人間の雑文である。
無価値と思えば読み捨てて欲しい。
これは唯々一つのことを、僅かに一つのことだけを
知って欲しくて書いたものである。

どんなに周りが無理解で
どんなに嫌らしい人間ばかりだとしても
日本には「あなたのことを心安かれと祈る」
天皇陛下がいらっしゃる。


天皇陛下は日本国の祈りである。
陛下の祈りは、この国の全てに分け隔てなく注がれる。
あなたのことも祈られている。
陛下の祈りの一億分の一は、あなたへの祈りである。

あなたは一人に見えて、独りではない。

絶対の孤独の中でも、耳を澄ませば陛下の祈りが聞こえるはずだ。
目を開けば、日本が祈りに充ちた国家であることが分かるはずだ。

天皇陛下の祈りに支えられて日本国はある。

どんなに苦しい時でも、「あなたのために祈り続ける人がいる」ことを決して忘れないで欲しい。誰一人味方が居なくても、本当に居なくても、日本人である限り、天皇陛下の祈りは遍く注がれているのだ。

それが知って欲しい唯一つのことである。


陛下の命懸けの祈りの日々を少しでも知れば、ここに書いたことの意味が少しは分かって貰えるのではないか。来る11日の震災慰霊祭に向けて、手術を強行されたと聞く。僅かばかりのリハビリ期間も配慮に入れての、ギリギリの御判断であったと聞く。

どんなに厳しい状況でも、我が身を省みず、一心不乱に、ひたすら日本国と日本人の心安らかな暮しだけを、祈念されていらっしゃるのだ。その祈りが届かぬはずがない。

オカルト話をするつもりはない。霊力などと言うつもりもない。言霊のことも忘れておこう。唯々「事実だけを述べたい」のだ。天皇陛下が身を削り、命を削って祈っていらっしゃるのは、日本国と我々日本国民の安らかな暮しのこと、唯それだけなのである。その祈りの強さ、その祈りの美しさ、優しさを感じて欲しい。

案じて祈ってくれる人が居る。姿は見えず、声も聞こえないけれども、確かに祈ってくれる人が居る。人間が生きていく上で、これ以上に心強いことがあるだろうか。

陛下は我々と共に苦しみ、共に泣き、そして共に喜んで下さる究極の存在である。だからこそ、我々も祈ろう、一日も早い陛下の御快癒を。陛下の心安らぐ日本国となることを。我々の努力で成し遂げよう。そのためには、あなたの力が必要だ。

あなたが加われば、あなたの分だけ
この日本は強くなる
美しくなる
優しくなる
あなたの力が必要なのだ。



今上陛下は明日の政府主催追悼式にご臨席なさる。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天皇陛下は究極の「ゲートキーパー」である パンク虚無僧修行道(改)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる