パンク虚無僧修行道(改)

アクセスカウンタ

zoom RSS 嘘だらけの日米近現代史/約束の日〜安倍晋三論

<<   作成日時 : 2012/10/08 20:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

つことで話題の二冊を購入、早速読んでみた。どちらも知的興奮を誘いなおかつ平易な文体なので、す〜っと読みやすい。タイトル/著者/発行所の順

嘘だらけの日米近現代史/倉山満/扶桑社
倉山氏の著書を手に取るのは『誰が殺した?日本国憲法!』(講談社)、『検証 財務省の近現代史』(光文社)に続き、コレが三冊目。
氏の著作は前述の二冊もそうなのだが、目から鱗がボロボロと無制限に落ちること必至。よめば読むほど味が出る。とゆーか一回読んだだけでは僕のような凡人には全貌が掴みきれません。今回は帯のコピーが最高。せっかくなので、前段だけでも記載しておこう。「大統領の人物評 リンカーンは極悪人ウィルソンは狂人ルーズベルトはスパイクリントンは破壊者etc.」読んでみたくなりませんか?

約束の日 安倍晋三試論/小川榮太郎/幻冬舎
安倍氏の総理大臣時代に残した数々の功績もさることながら、朝日新聞とその一党の悪辣さが際立つ。一体なんなんでしょーね「安倍叩きはうちの社是です」と言い切っちゃう主筆のいる築地カルトこと朝日新聞って?とゆーか日本のマスコミってなんなんでしょうね?我々の一番の敵はマスコミであるという現実を認識しなければいけません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
嘘だらけの日米近現代史/約束の日〜安倍晋三論 パンク虚無僧修行道(改)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる