パンク虚無僧修行道(改)

アクセスカウンタ

zoom RSS 証言 斑目春樹 原子力安全委員会は何を間違えたのか?

<<   作成日時 : 2012/12/17 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

岡本孝司著/新潮社刊
画像

これまた当事者(原子力発電に従事するもの)としては色々と考えさせられる書物だった・・・

勿論、当時の政治家(菅、枝野、海江田など等)や官僚(保安院及び文科省、許すまじ!怒)の不作為には激しい怒りを感じるが事業者側もあかんかったと思う次第。最後のあとがきから抜粋しておこう。

 @福島第一原子力発電所事故時の初動対応のまずさ
 A二十年遅れている日本の原子力安全管理
 B事業者の思い込みや見込みの甘さ
 C責任を取らない事が重要な政府の仕組み
 D規制が事業者や規制自体が改善を妨げる方向に促す仕組みになっていた
 E先送りする事が美徳の仕組み

正しく戦後レジームの賜物といえるでしょうなぁ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
証言 斑目春樹 原子力安全委員会は何を間違えたのか? パンク虚無僧修行道(改)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる